読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと漫画の考察をだらだらやってみる

購入漫画と好きな作品の分析中心。2017年春アニメは迷い中。

セイレン第10話「オサガリ」の感想

 

 セイレン第十話!

 桃乃今日子のキャラがすごく好きなので、上手に終わって欲しいとおもうのだけれど、さてさてこの展開がどうなるか。

 

 ってことで、感想&視聴メモ、行きます!

 

 

f:id:eeebook:20170313160833j:plain

 ・相変わらずの謎の鹿肉推し。

 ・全部見終わったあとでタイトルを見返すと、中学時代に着ていた服のオサガリってことと、常木耀からのオサガリ(実際には違うけど)ってこと?

 

 

f:id:eeebook:20170313160846j:plain

 ・そういや七咲郁夫が菜々を好きになって結婚したら、ナナサキナナか……。

 

 

f:id:eeebook:20170313161050j:plain

 ・目の隈のデザイン……なんでこんな風にしたのか若干疑問。

 ・シナリオの最後で目の隈も取れ、ついでに対外的にツンツンした態度の棘も抜け、すっごく可愛い美少女になるというギャップ狙いというキャラデザなのだろうか?

 ・目のくま? クマ?(だから、ぬいぐるみやゲームキャラでクマが登場した?)

 ・ストーブを置きっぱなし……ってやつの伏線、なんというか、こんな風につながっても嬉しくない伏線。

 

 

f:id:eeebook:20170313161155j:plain

 ・ここで人魚のワードと帆立貝のベッドが出てくるってことは、過去の考察で触れたていたように、常木耀のシナリオは「セイレン=人魚としてのセイレーン」ってネタを若干からめていたのかも。

 

 

f:id:eeebook:20170313161208j:plain

 ・隠れ巨乳! やったぜ!

 

  

f:id:eeebook:20170313161218j:plain

 ・コーヒーに映った自分の顔が揺れている=自分の心が揺れている表現だと思う。

 

f:id:eeebook:20170313161521j:plain

 ・少しの嘘や主人公の勘違いが悪い方向に……ってシナリオ、もっと別にやりようがなかったものか……と思う。正直、こういう脚本って、かなり古いタイプな気がする。(キャラクターのいい部分、笑える部分、楽しい部分をドンドン見せて、魅力を感じて好きになってもらい、視聴者の心をつかんでいくのが現代の主流なので、こういう脚本は悪手だと思う)

 

f:id:eeebook:20170313161236j:plain

 ・今回、服飾がテーマで、タイトル「オサガリ」が中学生時代と今までの関係を意識しているのだったら、最後のこの編物のシーンは、「これまでにない新しい服」ということで、前に一歩進む決意をしたことの象徴なのかも。

 

 

【MVP】 なし(今回は、これという最高のシーンやキャラが見当たらなかった)

 

 

【最優秀ジト目賞】 桃乃今日子

f:id:eeebook:20170313161315j:plain