読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと漫画の考察をだらだらやってみる

購入漫画と好きな作品の分析中心。今季はセイレンの感想を毎週書く予定。

『恋は雨上がりのように』の13話と14話に仕掛けられた対比について

恋は雨上がりのように

f:id:eeebook:20160718125914p:plain

 

 小説や漫画や映画や写真や絵画の技法に、対比というものがある。

 二つのものを似た条件で配置することで、その差や類似を読者に伝える方法のことだ。

  

 『恋は雨上がりのように』にはたくさんの対比構造が登場する。

 それがわかりやすい形で使われているのが、2巻に登場する二つのデートシーン。

 

  恋は雨上がりのように(2)

 

 橘あきらの加瀬に対する態度と店長に対する態度、ならびに加瀬の橘あきらに対する態度と、橘あきらの店長に対する態度が対比になっている。

 

f:id:eeebook:20160706160518j:plain

f:id:eeebook:20160706160511j:plain

 

 同じデートという条件を作った上で、その服装で橘あきらの心情をわかりやすく表している。

 

 

f:id:eeebook:20160706160538j:plain

f:id:eeebook:20160706160528j:plain

  

 相手のことが気になる二人。

 コマ割りが似ているだけでなく、「オーマイガー!!」「ジーザス!!」」という劇中の言葉も同じ。

 

 

f:id:eeebook:20160706160504j:plain

f:id:eeebook:20160706160456j:plain

 

 行った喫茶店も同じ。

 役割に合わせて座る場所は変更。 

  

  

f:id:eeebook:20160706160545j:plain 

f:id:eeebook:20160706160448j:plain

 

 最後にキスで締めというのも対比。 

 

 

 『恋は雨上がりのように』には、このデート回以外にもたくさんの対比が見つかるのだけれど、それはまた別の機会に。

  

   カスタマーレビュー(恋は雨上がりのように2)

 

 

恋は雨上がりのように(2) (ビッグコミックス)

恋は雨上がりのように(2) (ビッグコミックス)