読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメと漫画の考察をだらだらやってみる

購入漫画と好きな作品の分析中心。今季はセイレンの感想を毎週書く予定。

『恋は雨上がりのように』と雨と傘のモチーフ

恋は雨上がりのように

f:id:eeebook:20160706160834j:plain

  

 恋は雨上がりのように、はタイトルに雨と入っているだけあって、雨のモチーフが多い。

 

 MAHOOの知恵袋に投稿した時も、「雨やどり」という名前で投稿だったし、よく引用される『羅生門』も雨がモチーフの一つだった。

 これからも雨のワードは多用されると思う。

 

 そこで、作中に登場している雨のシーンをいくつか抜粋してみる。

  

f:id:eeebook:20160706160605j:plain

 

 現実になった雨やどり。

 

f:id:eeebook:20160706160611j:plain

 

 描かれた相合傘。

  

f:id:eeebook:20160706160551j:plain

 

 具体的に傘と一緒に描かれたひかり。

 

f:id:eeebook:20160706160753j:plainf:id:eeebook:20160706160745j:plain

  

 雨のときに雨宿りしていて出会った店長と、雨の対比となる晴れ。

 (『雨』が止み、完全に心が晴れた時、店長と離れるのか、それとも店長を好きのままなのかが焦点になるかもしれない)

 

 

f:id:eeebook:20160706160806j:plain

  

  雨を避けようともせず、ずぶ濡れに鳴った時に告白……というのもある意味象徴的なのかも。