アニメと漫画の考察をだらだらやってみる

購入漫画と好きな作品の分析中心。2017年春アニメは迷い中。

二重丸くるりの心理を表現している演出について@灼熱の卓球娘、第十球考察

 

 灼熱の卓球娘の第十球は無茶苦茶好きな回で、何度ニコニコで見直したかわからないくらいだったりします。

 もちろん、くるり対こより戦が好きなのですが、それ以外の演出も好きです。

 

 その中で、私が解説できそうな部分を一つ──。

 最後、くるりの心の壁が溶けたことを描写するシーンです。

 

f:id:eeebook:20170219182151j:plain

f:id:eeebook:20170219182200j:plain

 

 影の千と建物の線がそれぞれ二人の間に入っています。

 二人の間に心理的な線が入っていたという表現です。

 

f:id:eeebook:20170219222440j:plain

f:id:eeebook:20170219222453j:plain

 

 最初会った時のくるりと、最後のシーンでのくるり。

 目にハイライトが入っています。

 

f:id:eeebook:20170219222558j:plain

 

 学校の門を「檻」に見立てて、そこから光ある方に出てきたような演出。

 とらわれていた心が開放されたという見立てです。

 

 

f:id:eeebook:20170219222642j:plain

f:id:eeebook:20170219222742j:plain

 

 二高とも同じ構図にすることで、くるりもこよりと同じく、みんなで卓球を楽しんでいるチームになったことを描写しています。

 

 と……まあ、簡単にいえばこういう演出だったと思います。

 

 

 ちなみに、対立しているキャラの間に象徴的な区切りの線が入る演出、並びに檻から解放されるシーンというのは、アルペジオの演出の影響を受けたのかもですね。

 

 また後日まとめるかもしれませんが、アルペジオのはこんな感じです。

 

f:id:eeebook:20170219223559j:plain

f:id:eeebook:20170219223607j:plain

 

 最初、イオナと姉妹艦は影の区切りでそれぞれ違う場所にいたのに、戦いが終わる最後のシーンでは、イオナと同じ区切りの所にいる……という感じです。(ただし、影が重なることは最後までない)

 

 とにかく!

 卓球娘は凄く素敵な作品だったということです。

 

 由良木ゆらちゃん可愛いし。

 

f:id:eeebook:20170219223951j:plain

 

  

  灼熱の卓球娘4 
灼熱の卓球娘4 (初回生産限定版) [Blu-ray]

灼熱の卓球娘4 (初回生産限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: エイベックス・ピクチャーズ
  • 発売日: 2017/03/24